9月相場好調な始まり


 

米国株は堅調です。昨日は3指数とも上昇、ナスダック市場は史上最高値更新となりました。9月相場にこれだけ警戒感が出ている中での、高値更新は強烈です。一方インフレ率は上がらず、7月の消費者物価上昇率は1.4%と低迷です。このため米国金利は上がらず、ドル円相場は下落となりました。

日本株は円高はマイナス材料ですが、米国株の堅調さは追い風です。本日の朝倉慶の株式フライデーで指摘しましたが、9月相場は大方の予想とは逆に大幅高の可能性もあるでしょう。

この記事を気に入ったらシェアしてね

現在おすすめのセミナー

現在おすすめのセミナー